見えにくいと感じたら老眼かも!【定期的に老眼チェックを行なおう】

進行を軽減させよう

視力検査

定期的に検査しよう

眼は腕や足の筋肉のように鍛える事ができません。過度に使いすぎると眼精疲労だけでなく、調整機能が低下して老眼の症状が徐々に進んでいきます。老眼を未然に防ぐためには、眼の機能を補助してくれる栄養素を積極的に取り入れる必要があります。眼球の裏側にある黄斑部を守ったり、眼球を取り囲む粘膜を正常な状態にしておくためにさまざまなサプリメントがあります。抗酸化物質の発症を遅らせるルテインは、老眼だけでなく白内障予防にもなり、体内に取り入れるとよいでしょう。また、眼精疲労や視力低下を未然に防いでくれるアントシアニンはポリフェノールの一種で、ブルーベリーや赤ワインなどにも成分が含んでいます。ビタミンAは皮膚や粘膜を守る機能があり、薄暗くなると物が見えにくくなる夜盲症防止に役立ちます。鰻やレバー、緑黄色野菜を積極的に取り入れましょう。これらの食生活の改善をしていても定期的に眼科にて老眼のチェックが必要になります。40代を過ぎたことからピントが合いにくくなったり、眼精疲労を感じる時には老眼の程度をチェックしてみましょう。栄養補助食品だけでなく適度な運動や十分な睡眠を取り、老眼や遠近両用など、眼鏡の使用によって眼の負担を軽減させる事ができます。老眼を自分で見え方をチェックして出来合いの老眼鏡を使用すると目に悪影響になる場合があります。既成の老眼鏡は左右同じ度数が入っていますが、自分の眼をチェックしてみると左右で見え方が違う人の方が多くいます。自己判断せず、専門医に進行症状を確認してみましょう。