見えにくいと感じたら老眼かも!【定期的に老眼チェックを行なおう】

年齢とともに衰える

中年女性

症状を確認しましょう

人間は年齢を重ねていくと、だんだんと体に衰えを感じるようになっていきます。その中でも明らかに自分でその症状を認識するのが老眼です。老眼になると、小さい文字が見えにくくなったり、近くをみたり遠くを見る時に焦点がなかなか合わなかったりします。老眼に一度なってしまうとその症状はどんどんと進行していくのが一般的ですが、鍛えることによってその進行を遅くすることはできます。さて、自分が40歳になった頃に老眼のチェックをしてみましょう。老眼のチェックはいろいろな方法で行うことができますが、実際に自分の目と指を使うことで確認できます。それ以外にもチェック項目がインターネット上で確認できます。例えば、部屋の中で今までよりも暗く感じるとか、小さい文字が見えにくくなった等、複数あるチェック項目の中で該当するものが2つ以上だったら要注意等になります。それでは、老眼はだいたい40歳ぐらいになると症状が現れてきますが、その理由はどうしてでしょう。人間の目の中には水晶体があります。水晶体のまわりには筋肉があり、遠くのものを見る時はこの筋肉が緩んで水晶体は薄くなります。その反対に近くのものを見る時はこの筋肉は縮んで水晶体を厚くします。これが目本来の姿なのですが、年齢とともに水晶体そのものが硬くなってしまいます。もちろん、筋肉自体も衰えてしまいます。そのため、近くのものにピントを合わせる力が衰えます。これが老眼の仕組みになります。