見えにくいと感じたら老眼かも!【定期的に老眼チェックを行なおう】

中年女性

年齢とともに衰える

40歳ぐらいになると水晶体とその周りの筋肉の衰えにより老眼になる人が急増します。40歳ぐらいになったらインターネット上で確認できる老眼チェック項目を行ってみましょう。小さい文字が見えにくくなると、老眼の可能性は高くなります。

詳しく見る

中年女性

近点で分かる症状の深刻度

簡単にできる近点チェックで、老眼の症状があるかを確認できます。近点が30センチメートルを超えている場合には、老眼鏡やコンタクトレンズなどの対策が必要です。また、目の健康維持に貢献する栄養素を摂ることで、老眼の症状を遅らせることができます。

詳しく見る

視力検査

進行を軽減させよう

老眼を進みにくくするためには適度な運動や質の良い睡眠、栄養補助食品の利用が役に立ちます。眼の粘膜を正常に保ち、眼精疲労対策のできる栄養素を積極的に取り込みながら、定期的に眼科にチェックしてもらいましょう。老眼鏡は自分の体質に合ったものを使うと眼精疲労が軽減でき、老眼の進行を軽減してくれます。

詳しく見る

中年女性

眼の老化現象

年齢を重ねるたび、近くの物が見えにくくなってきたと感じ、老眼を疑う方は多いのではないでしょうか。老眼の症状やセルフチェックの方法を紹介しています。また、老眼予防についても紹介しています。しかし、眼科検診で眼の状況を正確に把握することも大切なことです。

詳しく見る

メガネ

眼の衰えを防ぐ方法

老眼は眼の老化現象であり、何れは誰にでも起きる症状です。老眼を感じた時には自分で近点チェックすることが出来ますが、老眼にならない対策を日頃から行う事が何より大切になります。その為にも、眼の運動と食事バランスに気を着けた生活を送ることが求められます。

詳しく見る

一生よく見える目になろう

眼

定期的な確認が大切

老眼は40代からの症状だとイメージされている方が多いと思いますが、最近では30代、中には20代から症状が出ている方もいます。例えば、薬の成分表示ラベルが見にくい、表の細かい数字が見にくい、近い距離のものをみるとぼやける、目のピントがあいにくい等です。日本の人口約1億2700万人のうち、老眼人口は7000万人以上にものぼると言われています。世界では35歳以上で約11億人と言われ、高齢社会の日本だけでなく世界中で起こっているものです。人によって様々な症状がありますが、老眼かどうかチェックするためにはどうすればよいかを紹介します。正確な視力を知るためには、眼科へ行くことが望ましいですが、ここではセルフチェックについてです。指を1本目の前に立てます。かすまずぼやけずに、はっきり見えるところで指を止めた目と指の距離が、30センチ以上であれば老眼です。加齢するほど進行していくので、自分に合った老眼鏡を作ることや、眼科に通ってベストな治療をすることが大切です。老眼チェックをしても自分はまだ若いし大丈夫だと思う人もいるかもしれないですが、今はスマホ老眼と言うスマートフォン使いすぎから起こる新たな老眼者も増加しています。スマホは長時間、目をこらして集中して小さい画面を見たり、ゲームやネットサーフィンに夢中になりがちです。老眼という幹事から連想すると初老から起こるものなのかと思いがちですが、若者にも多く症状が出ているので、普段スマホを長時間使っていると自身で感じている人は、定期的に老眼チェックを行なうことをおすすめします。